歴史カテゴリの記事一覧

駅メロのはじまり

 今では当たり前に流れる列車の発車メロディーになるまでは乗客の快適さを考えてか、乗客を大切に思うところから始まったとも言えます。 当時の発車ベルなどの大きな音で急き立てられるような気持ちになり、乗客も駆け込み乗車をしてしまう。また、電子音化したピロピロピロという音のベルが多数の利用客から耳障りで不評であったともあるそうです。そこからJRの千葉駅の発車ベル廃止に始まって女性社員らがプロジェクトを立ち上げて、ヤマハがメロディーを開発したそうです。  1989年に新宿駅と渋谷駅にそのメロディーが導入されたそうです。今ではごく当たり前になっているが、そのメロディーにはピアノや鈴、ハープの音色で気持ちが穏やかになるような雰囲気のメロディーが使われたそうです。今では発車メロディーはおろか、列車の到着メロディー、車内メロディーとか鉄道のあらゆるところで独自のオリジナルメロディーから人気歌手の歌なども使われている。鉄道マニアでは電車の種類を覚えているという能力もすごいが、ご当地の駅メロを知っていることも一種のステータスとも言われています。そんなメロディーが全国各地でいろんな意味を持ち、いろんな活躍を繰り広げているそうです。
タグ:JR ヤマハ 歌手
| 歴史
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。